会社員の副業の種類に関して

会社員の方も、最近は不景気で給料が下がった、ボーナスが下がったという方は多いのではないでしょうか。やはり余裕がないという事で、副業をしたいと思っている会社員の方も大勢いらっしゃる事かと思います。しかし、会社員でもできる副業というのはどういったものがあるのか、その点が気になっている方も少なくはないのではないでしょうか。ですからこれからその会社員の副業の種類について皆さんにご紹介をしたいと思います。
会社員ができる副業は、皆さんが思っている以上にたくさんあります。まずは最近ブームになっている投資です。株式投資であれば比較的ネットで気軽にできますし、買ってそのまま放っておくという事もできます。優待券目当てでも配当金目当てでも良いですし、取引の仕方がたくさんありますから、どういった方でも気軽に手が出せるのではないでしょうか。
その他にも、古本を売るせどりであったりも休日やあいた時間を使ってできますし、ブログなどでアフェリエイトで広告収入を得る、少し地道にはなりますがお小遣いサイトに登録をする、などかなり色々な会社員の副業があります。
ですから、自分の場合にはどれがあっているのか、色々と試してみて探してみるようにしましょう。いくつかやってみてこれは続ける事ができる、これは良い副業になると思ったものを習慣的に続ければ、多くの会社員の方が副業でお小遣いを稼ぐ事ができるのではないでしょうか。
会社員の副業というとハードルが高いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、このようにとにかく種類はたくさんありますし、気軽に手を出す事ができるようなものも多いです。なので、まずはやってみるという事が大切だと言えるでしょう。やってみれば何かしら良いものが見つかると言えるでしょう。
これらの会社員の副業に関する情報が、多くのインターネット副業をお探しの方、興味があるという方々の参考になってくれれば、とても嬉しく思います。

バイナリーオプションって難しいそう?簡単なの?

バイナリーオプションは知らない人にとっては難しそうに感じてしまうところがありまあすが実際そんな事はなく投資方法は非常にシンプルです。バイナリーオプションはの投資方法はトランプの『ハイアンドロー』によく例えられます。場に出された数字よりも手札のカードが高いか低いかで賭けるのがルールです。皆さんにも一度はやったことがあるのではないでしょうか。その数字が単純にお金になっただけです。現在の相場で1ドル=100円だったとしてこれが数分後100円より上がるのか下がるのかをあてる取引がバイナリーオプションなんです。ここまで聞いたら少し簡単そうということで興味を持ってくれた方もいるかもしれません。ただみなさんに一点謝らなくてはいけない点があります。2013年日本国内にてバイナリーオプションの取引に対して規制が生まれました。一例をあげると数分後上がってるか下がってるかわ見ればよかったのですが、規制後は2時間以上次の取引までの間隔を空けなくてはいけなくなりました。つまりいままで何回でも取引ができたのに2時間ですので1日に12回しかできなくなってしまいました。全くもってつまらない事になったものです(笑)しかもバイナリーオプションを行う際には口座を開設する必要があるのですがその際に投資の知識を問われるテストを受けなくてはならず勿論合格しないと口座を開設できないのです。面倒臭い。なんだ面倒くさいなーってあなたは感じたかもしれません。でもご安心ください。今の規制の話はあくまで国内の業者にのみ該当するものなんです。つまり海外の業者に関しては一切関係のない話なんです。つまり前述通り単純な相場が上がってるか下がってるのかの単純なルールのまま投資ができるんです。次の取引までに2時間待つ事もありあせん。また口座の開設が非常に楽なのが特徴です。数分で終わってしまいます。バイナリーオプション比較サイトで調べてみると、ほかに日本みたいに細かい個人情報を入力する必要も無いです。ありがたい話です。そういう訳でバイナリーオプションは決して敷居の高い投資ではありませんので是非初めてみてください。

ブームになったネットビジネスも落ち着いてきた

一通り商売もやり尽くしたと思っていた20世紀の終わり頃になって脚光を浴びたのがネットビジネスであろう。何だかよく分からないが、とにかく金になりそうだと続々と大勢の人達が参入してきた。ただ、今まで経験した事も無いビジネススタイルであったために戸惑いも大きく、的外れなネットビジネスを行ってしまい大損害を被った企業も少なくない。

これは今までの経験がそうさせてしまったのだろう。とりあえず土地を購入しその上に何らかの建物を建てて、それを元にしてお金を増やして行くという事に慣れてしまっていたからだ。だからこそ、今考えれば異常な程の額の無駄な先行投資をしてしまったのである。

ネットビジネスの真髄はその様な考え方とは正反対の物と言えるだろう。元手が0円とはさすがに言わないけれども、どれだけ多く見積もっても百万円を越える事など無いからだ。もし、億単位の金が必要だなどと言っているのなら見当違いも甚だしいものだ。

それまでの商売でネットビジネスに近い物は通信販売業界ではないかと思う。電話を受けつけて品物を送り届けるというものだが、この電話をネットに言い変えた物がネットビジネスなのである。無知な人は、それがどうしたと思うのだろうが考えてみて欲しい。それまでコールセンターで働いていた人達の多くは不要になるのである。これは相当な節約効果ではないだろうか。客1人に対してオペレーター1人という方法がいかに非効率的だったかを直ぐに理解できた経営者はそう多くはいなかった。

そんなネットビジネスも大きなブームが去ってかなり落ち着いてきた感がある。勢いよく飛びこんできたものの上手く行かなかった人達はみな去って行った事だろう。人が少なくなってきている訳だが、この様な状況は活気が無くなっているというより逆に本物が残ったという表現の方が適切ではないだろうか。残ったビジネスモデルの中では本当に稼げるねっと副業も多く、チャレンジしてみたいと考えているのならしっかり調べてみる事をオススメする。

スマートホンとガラケーが合体。ガラホの時代が到来か?

スマートホンの普及率の高さは言わずもがなだが一方で未だガラケーに固執する人もなかにはいる。たしかにガラケーにはスマホにない魅力も多数あり、軽量、月額料金の安さ、操作性、バッテッリー面でも伺いしれるところだ。実際ガラケーからスマホに乗り換えたユーザーが再びガラケーユーザーに戻る事も珍しくはない。皆さんのまわりにも何人かいるだろう。そんななか2015年に誕生したのがガラホだ。auのその名も『AQUOS1 K SHF31』スマートホンとガラケーを合体してガラホ。実にわかりやすい。主にスマホが使いこなせない50代以上の方をターゲットに作られた模様。見た目は従来のガラケーとなんら変わりはなくテンキーも付いている。どこがちがうのか。見た目はガラケーだがOSにアンドロイドが搭載されている。画面も奇麗。またテンキーに部分がタッチパッドになっていってスマホのようにカーソルを移動させるのは可能(まだ自分は触ってないが携帯ショップに行ったら是非触りたい)しかしあくまでガラケーがメインっていう印象。使えるアプリも制限されておりGooglePlayも使用できないのでアプリのインストゥールも制限があ。なおコミュニケーションツールのラインは最初から搭載されている模様。あと進化したところと言えば通信速度の向上がある。3GからLTEに対応できるようになった。そしてさらにwi-hiもつなげるしデザリングもできるのは大きな進歩といえるだろう。とは言っても個人的にはやはりターゲットが50代以上ってこともありいろいろ制限はありあくまでベースはガラケー。帯に短したすきに長し・・・。しかしまだガラホは発売されたばかり。ユーザーが増えれば進化もしていくだろう。ましては高齢化社会が進む中、高齢者のニーズにそったこのような動きは注目せざるをえない。それに高性能なスマホコンテンツを従来の慣れ親しんだテンキーでも操作したいというユーザーは一定以上いるだろう。その落とし所としてガラホが生まれたのは必然といえるでしょう。auだけでなくドコモやソフトバンクがこの次どうでるか。注目していきたいと思う。

スマートホンの可能性

いま誰でもが持ってるスマートホン。今ガラゲー使ってる人が馬鹿にされちゃうような風習がありますよね。私自身スマホを持ってますし周りでも過半数が所持してます。しかしスマホにはスマホの良さガラケーにはガラケーの良さがあります。現にスマホユーザーからガラケーユーザーに転身した人もちらほら。スマホ普及率が高いこんな時代だからこそ一旦立ち止まって双方の所持するうえでのメリットデメリットを勉強できればと思います。まずスマホからいきましょうか。なんといっても高性能なところでしょうか。まさに小さなパソコンも持ってるような感覚です。使いやすさも抜群でビジネスの現場でも大活躍。沢山の魅力的なアプリを利用できるのもいいですね。私なんか方向音痴なのでマップ系のアプリが無ければ目的地にたどり着けません(笑)また最近はパズドラをはじめとした無料スマホゲームが充実していてスマホを手放す理由は全くと言っていいほどありません。ここまではスマホの話。次はガラケーについて。ガラケーは日本独自の文化で生まれたケータイです。ですのでスマホにはない魅力はなくはないのです。例えばコンパクトで軽量だというところ。確かにスマホはユーザーの欲望の肥大化に伴い大きくなるところがあります(笑)それに比べたらガラケーの手に収まる感じがいいですよね。あとスマホは液晶がむき出しですがガラケーは折りたたみ式多いので安心感があります。バッテリーが減りにくいのもありますかね。スマホは高スペックなので当然バッテリーがすぐ無くなります。外出の際は充電アダプターが必要不可欠でしょう。それから操作性。スマホのようにタッチパネルに馴染めずやはりキーパッドのほうが使いやすいという声もあるようです。月額料金の安さも無視できないでしょう。以上スマホとガラケーのメリットデメリットを考えてみました。こうして改めてみるといまだ少数ではありますがガラケーを支持する人がまだいることにも納得がいきますね。今一度自分がスマホに合っているのかガラケーに合っているのか再考してはいかがでしょうか。

パソコンで出来ることはたくさんある。

パソコンを使ってできることって結構ありますよね。インターネットに繋げればさらにやれることは増えていきます。世界中の人とも簡単につながりますし自分の知りたい情報をすぐに見つけれます。ネットに繋げなくともやれることは沢山あります。ソフトがあればいま流行りのアプリも作れますしスマホゲームだって作られます。勿論パソコン初心者の私にはハードルが高いのですが努力次第で可能でしょう。勉強すれば夢は広まるばかり。以上のことでも十分魅力なのですが加えて自分が興味を持っている分野があります。それこそが自分が再びパソコンと向き合うきっかけを作ったことなのです。それは作曲です。所謂DTMというものです。今は空前の宅録ブームと言えます。パソコン本来のスペックも上がり作曲ソフト通称DAWも安価になり誰でも気軽に作曲できる時代になりました。勿論市販のCDレベルのような高品質な曲になるとスタジオで高い機材つかってという事も必要になるかと思いますが今は宅録でもある程度の水準の作曲は可能です。初音ミクの登場もこの宅録ブームに拍車をかけたと言っていいでしょう。ソフトも年々アップデートされていきますし使いやすくなってきました。しばらくはこの宅録ブームが消えることはないのではないでしょうか。自分もこのブームに乗っかりたくパソコンを買いました。しかし作曲はやはり難しいですね。誰でも作曲はできますがあくまで努力すればという話です。私が購入したのはエイブルトンライブというソフトで割と直感的に操作ができるというのが売りのソフトなのですがやはりある程度慣れは必要みたいです。作曲するにも、ある程度の音楽知識がないといい曲は作れないなと悟りました。しかしそんな事ではめげません。わからなければ調べればいいんです。わたしにはインターネットがあります。動画で調べたければYOUTUBEだってあります。最終手段は教室に通うのもてです。DTM専門の教室は調べたら結構ありました。ここが踏ん張りどころだとおもって頑張りたいとおもいます。

ブログの更新が止まっている

ブログを長年やっているんだけど、最近は忙しくて更新が止まっています。記事をアップしなきゃとは、いつも思っているんですが、こういう風になってしまうと、なかなか書けなくなるのがブログなんだよね。毎日更新していたのに、最近は何を書いていいのか分からなくなってしまいました。無理やり書くくらいなら、もう閉鎖することも考えた方がいいんだろうけどね。読んでくれていた人たちももう来てくれてはいないだろうし。そもそも、読んでくれる人なんてそう多くはなかったのかもしれないもんね。でも、もう何年続けてきたんだろう。7年以上になるのかもしれないな。7年も続けてきたんだから、閉鎖してしまうのは惜しいかも。ひと月に一回の更新はしているのだから、それだけは最低でも継続することにしよう。それにしても、ブログっていったいなんなんでしょうね。けっこう人の生活に入りこむんですよね。SNSとかがいろいろ増えているけど、ブログって無くならないでしょ。芸能人のブログも、今でも人気があるのだろうし、結婚とか離婚とかの発表もブログでやったりしてるしね。そもそも、ブログって日記だったわけだけど、日記を人に読ませることなわけで、でもそれが新しい効果を持っていたわけなんだよね。私の場合も、最初にやったブログのおかげで苦しみから救われたんですよ。自分の気持ちをブログに吐き出したおかげで、苦しみから解放されたんです。そして、ブログをやるようになって新たに始またこともあったし、ブログをやっていたから成功したこともあったし、ブログをやったおかげでいろんなことがあったんだと、今あらためて気づきました。ブログって、だれが考え出したんでしたっけ?だれが最初に始めたんだったかな?ブログのおかげが、けっこうたくさんあることに気づけたよ。やっぱり、またブログの更新をするようにしようかな。ここを乗り越えたらまた新しいブログの世界に行けるのかもしれないぞ。うん、また書いてみるか。

インターネットを使ったお小遣い稼ぎは本当にできるのか?

インターネットを使ったお小遣い稼ぎに興味がありますか?
ほとんどの人はYESと答えると思います。その理由のひとつとして一番大きいのは携帯電話の進化です。(余談ですが、ただ便利だというわけではなく、リアルタイムで共感&共有できる人間がいるというのは、例えば日本にいて地球の裏側のブラジルの事件がリアルタイムで知る事ができるという事です。すごいことだと思いませんか?)

スマートフォンの普及によって、今までインターネットを知らなかった、またはインターネットに関わりがなかった人まで当たり前のように簡単にインターネットを使えるようになりました。インターネット回線が届く場所ならどこにいても、もしくは家から出なくても世界中のネットワークから情報を知る事ができます。
圧倒的な情報の中には、「アダルト」「お金」「ゴシップ」など、人々の興味を惹くような内容も多く存在しています。その中では嘘も本当に大差は無いという事を気付かずに信じてる人も少なくありません。

スマートフォンを使えば自由にインターネットを使う事ができます。インターネットを使っていると「お金を稼ぐ」というのはそう難しい事ではない事に気付くでしょう。

断っておきますが良し悪しの話ではありません。需要と供給のバランスは虚構を含めた世界感では都合のいい解釈をされがちですよね。本当の事が何かというよりも、あなたが「何を見たいか」「何を欲しているか」こういうことを体現している部分が非常に多いメディアだと思います。個人的には夢の希望に溢れたツールだと考えています。

前書きが長くなってしまいましたが、スマートフォンを使ってお小遣い稼ぎをするのはそう難しい事ではありません。体験から話しますが、ネット副業で生活している友人は何人もいますし、本当に稼いでいる人は多いからです。インターネットには嘘の情報も多いですが、本物の情報ももちろんあります。自分に合ったものを探してみてください。

手持ちのスマホでラクラク副収入♪

いまやスマホはもう誰でも持っているレベルになりましたね。スマホは持ち運べるパソコン(既にあるといえばありますが)のようなもので、信号待ちや電車移動の間など、ちょっとした時間で手軽に扱えますよね。
そんなスマホを使って簡単にお小遣いが稼げるとしたらちょっとワクワクしませんか?スマホでちょっとしたアプリとかゲーム、SNSを開くのは皆さんよくあると思います。その時間のうち1日15分程度を充てるだけで、月に5~10万円ほどお小遣いが増やせますよ、っていうお話です。
(もちろんパソコンやタブレットでもできる話です)

簡単に言うと、「スマホでブログを書いてみましょう」ということです。例えばカフェとかレストランに行って、美味しそうな料理の写真をツイッターやFacebookにアップしたことはありませんか?その感覚で、同じようにブログを書くだけの話なんですよ。1日何回も更新しろっていう話ではありません。1日1~2回程度で十分です。
そのブログを観に来た人に、「こんないい商品がありますよ」って紹介をして(さすがにここまでストレートには言いませんが)、そこから物品の購入や登録をした分の見返りをいただくという流れです。

もちろんすぐに10万円、とはいかないでしょう。ブログを見てもらうための工夫や努力が必要になります。私はひとつの方法として、朝やお昼の情報番組で取り上げられたお店やアイテムを積極的に紹介します。そうするだけで、ちょっとテレビで見て興味を持ったという人を簡単に集めることができます。あとは文章作成のセンスを磨いて、その人にまた来てもらえるように面白いブログを作ることですね。これは他の面白いブログを参考にするといいと思います。(パクるのはダメですよ)

私は初めて2カ月で月間3万円、5カ月で月間10万円稼ぐことができました。1日にかける時間は30分程度ですね。決して文章を作ることは得意ではないですが、根気よく続けた結果今に至っていると思います。なのでスマホと根気があれば誰でもできる、ということですね。皆さんもいろんなブログを参考にしながら、根気よく頑張ってみてください。

ネットで金儲けしてる人に会いました。

ネットで金儲けしてる人に会いました。

自分の友達でもあるんですが、最近久しぶりに弟の同級生と会う機会があり、昔遊んでいたときの話、仕事や家族の事などを話しました。人生で一番楽しく遊んでいた十代後半の頃に毎日のように会っていた友達なので、懐かしい昔話は花が咲いて盛り上がりました。ただ、その後に現在の話題に移ったときは、話すのが心苦しかったです。自分は新卒で入社した会社で仕事がうまくいかず、たった1年で辞めてしまってからは2年ほど何もせず実家暮らしのニート状態だったので…。しかし、友達の話を聞くと大手の広告代理店で働いていていたのだけれど、半年前には会社を辞めてからはずっと自宅にいるとのことでした。自分と同じかと少し嬉しく思いましたが、ただ大きく違う事がありました。働かずに貯金を食いつぶす自分とは反対に、友達は半年間の間ずっとインターネットを使った副業でかなりの金額を稼いでいると教えてくれました。

よく見ると、腕にはカラトラバ(高級腕時計)をしていてるのに気付き、ギョッとしました。本当に大金稼いでるのがわかると、自分は全力で土下座して副業を教えてくれと頼みました。(個人的には昔っから副業には興味あったしネズミ講とか人に迷惑をかけるもの意外ならやってみたいなって思っていたので…)。土下座する必要もなく、友達はすんなり教えてくれると言ってくれたのですが、話を聞いてみたら最近はネットが繋がる環境さえあれば誰でも金儲け出来るような仕事は多いらしいです。しかもスマホでも出来るということにびっくり!(もちろんパソコンでも出来るそうですけど)。

その日はお互いかなり飲んでいたこともあり、次の日の夕方ごろまた教えてもらう時間を作ってもらいました。半日ぐらいかけてみっちり教えてもらった方法で一週間続けた結果…本当にスマホだけで本当にかなりの金額を稼げました!

最初の3ヶ月は毎月20万~40万ぐらいでしたが、半年も経つと50万前後は安定して稼げるようになりましたね。その友達は毎月に80万~120万ぐらいは稼いでるみたいなので、自分も頑張れば金額も増やせる事ができると希望を持っています。
副業に興味があれば絶対にやってみたほうがいいです。ネットの副業と言っても色々なお仕事があるので、自分に合うものを探してみてください。きっとハマる仕事が見つかりますよ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ