アフター5ではなく1時間で稼ぐための取り組み方

サラリーマンの副業の副業というものはいろいろとありますが、あまり時間を掛けられれないことだけは共通事項としてあります。たとえば、日々5時間取り組める残業に無縁な人と、残業ばかりの毎日で、帰宅が0時移行になるような人とでは取り組む時間に実に5倍ほどの差が生じてもおかしくはありません。

したがって、5倍も差が生じてしまうと単純計算するだけでも稼ぎも5倍ほどかけ離れているようになるのは疑いようもない事実です。だからといって、くすぶっていては何も変わりありません。実はたった1時間だけしかサラリーマンの副業を取り組めない人にもそれなりに効率を追求し続けていけば、5倍の作業量を誇る人たちにも肉薄するようになれるものなのです。

若干、肉薄というものは誇張にすぎないかもしれませんが、要するに人の時間は平等に24時間しかない以上、効率を求めればそれなりに差は縮めることができるということをお伝えしたかったのです。たとえばですが、日々を仕事に忙殺されているといっても、出社から退社までの時間をずっと仕事にへばりつきで仕事をしているわけではなく、隙間隙間にちょこちょこと時間が空いているのではありませんか?

そんなことはない、ずっと仕事に張り付きっぱなしで仕事のことしか考えていないよという反論を言った人は嘘つきの可能性が絶大です。人の集中力というものは長くても90分しか持続しません。その集中力を考えると仕事を始めてから終わるまでのあいだ、ずっと集中的に取り組み続けていることなど、土台不可能なのです。

必ず、一息を入れるタイミングというものが仕事中にも無数に存在しているはずです。その無数のちょっとした休憩時間などを利用して、サラリーマンの副業を加速させることが可能です。たとえば、ブログ運営をしている人などは記事の見出しを考えておくだけでもだいぶ、執筆のときの時間短縮につながります。これは非常におすすめな時短のテクニックでもあるので、ぜひトライしてみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ